株式投資で失敗しないために

| コメント(0) | トラックバック(0)

この間暇つぶしにネットサーフィンをしていたら、
www.infoenglish.orgという衝撃のサイトを見つけてしまいました。
世の中色んな国・風習があるんだと感心して読んでしまいました。

賭けの恐れは、その投資する品物を通じて変わってきます。
恐怖が最も酷いとされる債権やストックなどもそのナショナリズムや組合、
銀行が破産すれば一切を失う恐れがあります。

また株式賭けは日々の変動において利益を得る存在ですけども、
こういう流行に乗れなければ何しろ賭けに失敗することになります。
なお、債権やストック、株式などを元手で行っている場合には
危険性があるとはいえ、被害を受ける比を引き下げることができます。
これは単にキャピタルが目減りした程度ですむためです。

一方で、賭けの恐れで、最も確率が高いものが先物契約や信用契約があります。
先物契約は品物の指数など宿命になるであろう金額を指し、
売買する権威を売り買いするというものです。
このため過度に投資するといったそれだけ大きな損失を被ることになります。

また信用契約では、個人の信用能力や保有している金融キャピタルを確信として
少ない資金で大きなお金を取り回すことができるというものです。
このため、予知とは逆方向に動いた場合には、
大きな損失を被る危険性が高いものになります。
いずれにしても賭けにおいては恐れを多少なりとも押し下げるためには、
年中データを収集して、これらに目標を向けている必要があります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tronadormusic.com/mt-tb.cgi/4

コメントする